特養看護師 給与・年収

介護系看護師のニーズは年々高まっているといっても過言では無く、特別養護老人ホーム(特養)からの求人も多く見ることが出来ます。

オススメ人材会社

年収、給料について

 

看護師イメージ

特養看護師への転職を考えている方も多くいます。

看護師不足と言われている現代ですが、その原因の一端となっているのが、特養などの介護施設における看護師配置義務になります。

高齢者が増加した事で介護施設の需要が高まり、高齢者のための措置として介護施設へ医療従事者である看護師の配置が義務付けられることになりました。

そのため、医療機関だけではなく介護施設でも看護師の需要が高まり、輪をかけて看護師の人手不足が起こるようになりました。

元々、看護師は給料が安いといわれている職業で、待遇の改善を求めて転職をする看護師も多くいます。

介護施設の需要が高まったことで、特養看護師への転職を考える看護師も多く、職場環境の改善などを求めて介護施設へ転職する方も多くいます。

しかし、転職をするとなれば、気になるのは収入の問題になります。

職場環境が改善されても、収入面で激減するようなことがあれば、転職をするメリットは薄くなってしまいます。

一般的に特養看護師の月給は、平均で25万程度だと言われています。

正職員としての勤務であり、非常勤のパート勤務の場合には、時給は1800円程度が平均的な給料とされています。

給与額だけを見れば病院の常勤看護師と同等程度の給料であると言うイメージがありますが、特養看護師には残業や夜勤と言った勤務がないため、それらの手当の分、病院の看護師よりも給与は下がることになります。

しかし、残業や夜勤のない職場と言うのは、多くの看護師の憧れる職場環境であり、業務内容も病院に比べれば、比較的容易な業務であると言う事もあって、特養看護師への転職者が増えています。

給料と言う部分において考えれば、年間300万程度の年収と言うことになり、大幅な減少と言う事になりますが、その分、プライベートの時間を多く取ることが出来るようになり、家庭と仕事を両立しやすくなります。

給与面の減少は大きい痛手ではありますが、それを補って余りある職場環境をどう判断するかが特養看護師への転職の決め手となります。