特養看護師 仕事内容

介護系看護師のニーズは年々高まっているといっても過言では無く、特別養護老人ホーム(特養)からの求人も多く見ることが出来ます。

オススメ人材会社

特別養護老人ホームでの看護師の仕事内容

 

看護師イメージ

特養看護師への転職を思案中の方も多くいらっしゃいます。

病院と環境が違うため、夜勤や残業がほとんどないと言うのは、多くの看護師からすれば、うらやましい職場環境だと言えるでしょう。

実際、残業や夜勤のない職場を探して特養看護師に行き着き、転職をする看護師が増えています

しかし、病院と特養の仕事は多少の違いがあるため、入職当初はその違いに戸惑うことも多くあります。

特養看護師の仕事は、簡単に言ってしまえば、入居者の健康管理の一言に尽きます。

入居しているのは高齢者で、何かしらの持病を抱えている方が多くいます。

持病の関係で服薬が必要になる方や毎日の体調をきちんと管理しなければならない方なども多く、そうした高齢者の日々の健康管理を行なう事が特養看護師の仕事になります。

具体的に特養看護師の仕事内容は、バイタルチェックにはじまり体調の確認を行ったら、入浴や排泄の介助、服薬管理、リハビリ補助、他にも必要に応じて近隣医療機関や属託医との連携などを行なっていきます。

特養看護師に向いている人

 

入院こそしていませんが、いつ容態が急変してしまうかも分からない高齢者は多いので、医療機関や医療従事者との連携は必須となります。

急変が起こったときには、患者の様子を詳細に伝え、助言を受けながら処置をする事もあります。

日々の仕事は基本的には上記のことに加え、介護士と同様の仕事になります。

基本的には日々を穏やかに過ごしている方が多いですので、病院のように駆け回るほど忙しいということはありません。

ただし、入居者も人間ですので、理不尽な怒りやストレスをぶつけてくる方もおり、そうした入居者の対応も必要になってきます。

人との触れ合いが好き、高齢者の介護をすることに抵抗感がないと言う方には特養看護師の仕事は向いているでしょう。

また、特養を含む介護施設での看護師の需要は高まる一方ですから、特養看護師への転職はそれほどに難しいものではないはずです。

ある程度の経験があれば、新人の看護師でも特養看護師として転職をする事が出来ますので、特養看護師への転職を考えている方も増えています。