特養看護師 仕事内容

介護系看護師のニーズは年々高まっているといっても過言では無く、特別養護老人ホーム(特養)からの求人も多く見ることが出来ます。

オススメ人材会社

特別養護老人ホームでの看護師 仕事内容

 

看護師イメージ

特別養護老人ホームでの看護師の役割・お仕事内容に興味があり、看護師求人などをお調べになっている方も多いと思います。

特養看護師の求人ニーズも高く、高齢化社会が進む中、施設の数も増えてきておりそれに伴って看護師求人も多く見かけるようになってきました。

こうした介護施設は、病院で勤務をする看護師の仕事内容とは違いますが、ご利用者の方一人一人と時間をかけて関わる事ができると、そうした看護を実践したいと考えている方には、やり甲斐のある職場となっています。

特別養護老人ホームは「要介護度1~5の認定を受け、在宅看護が困難な65歳以上の高齢者の方が入所される介護施設」となります。

看護師としての仕事内容で重要な部分は、入所者の健康管理です。

勤務時間に関しては、日勤のみ勤務(日勤専従)となりますから、家庭や育児、プライベートな時間も大切にしたいとお考えの方には、働きやすい職場といえます。

残業も少ない施設が多いようです。

特養看護師としての役割・仕事内容

 

特別養護老人ホームは介護が必要な入所者の方の生活の場

介護サービスを中心に提供する場となります。
ですから、医師の常駐はありません
もし医療行為が必要な場合が発生した際には看護師が中心となり対応することになりますが、基本方針として医療処置が必要な方の入所を断る施設も多いそうです。

そのため、看護師の仕事内容の中心は健康管理が主なものとなります。
利用者の健康管理、ターミナルケア、感染予防、薬管理・塗布などが中心の仕事内容です。

リハビリを行う施設もあります。

医療行為は基本的にはありませんので、そうした看護師の役割・仕事内容に物足りなさを感じると思う場合には、介護老人保健施設や病院、クリニックなどの医 療機関で転職先を探されると良いでしょう。

特別養護老人ホームでの勤務は、高齢者が好きで介護のお仕事の興味があり、人とコミュニケーションを取ることが好きな方に特にオススメとなります。

一人一人と向き合って看護を提供したい、とお考えの看護師の方はやり甲斐を感じる職場だといわれます。

より具体的に特養看護師としての役割・仕事内容を知りたい方は、看護師人材紹介会社などを介して、直接気になる施設から情報をもらうなどすることもできるでしょう。

転職支援サポートをしている人材紹介会社を上手く活用してみて頂ければと思います。